メールで送る文章には法則がある

メールで好まれる文章には法則がある

ウェブ上にはたくさんのモテ女メールのコツが書かれています
文章の長さは短い方がいいとか、待機してでもメールを送るタイミングは遅いほうがいいとか
確かに、その手の手法は通用するかも知れません
しかし人それぞれだということを忘れてはなりません
しかしながら、共通していることもあるので、分かりやすく説明します
まず、メール本文の長さについてです
長ければいいというものでもありませんが、短いと淡白すぎてイマイチです
ましてや、用件だけ伝えるような業務メールなど送るくらいなら、電話で伝えた方がマシです
常に貴方とメールをしている相手は、返信されている内容にある種の期待を持っています
それに答えるようにする努力はしましょう
メールの長さについてですが・・・、や。といった句読点をつけることは、オススメできません
区切りが必要ということは、あまりにも文章自体が長いのではないでしょうか?
携帯画面を考えてください
パソコンであれば、まだ長文でも読みやすいのですが、スマホなどの画面では見にくくて仕方ありません
そこで、どうしても長文を打つ必要があるのであれば、端的にまとめてなるべく主旨を手短に伝えることです

付き合っていない相手を惹きつけるには

もし貴方が意中の人とメールをしていたとします
その人の名前を文章に入れると、物凄く距離が縮まります
下の名前だと、もう彼氏彼女の関係まで、急速に発展するでしょう
ポイントとしては、メールの本文中で、何回か使うことです
人は慣れてくると、最初に違和感を感じても、それが当たり前と思えてきます
貴方が何度も名前で呼ぶことで、貴方を恋人のように扱ってくれます
二人の距離を縮めるのは、デートやご飯を食べに行くだけではありません
ドライブに行っても、なかなか相手と進展しない人は、まず今日から名前で呼んでみてはいかがでしょうか?

絵文字と顔文字どちらがいい?

ラインのスタンプにも同じことが言えますが、絵文字と顔文字、どちらがいいかと言えば、送っても不自然ではないかどうかです
40代の女性がスタンプや絵文字を使うと、あまりにもおかしくないでしょうか?
逆に若い子であれば、顔文字絵文字など頻繁に使っても不思議ではありません
つまり、洋服や髪型と一緒で、その人の感じに似合っていれば結構です
ただ、ギャップの効果は絶大です
日頃クールな女性が、絵文字を使うと、それだけで印象が物凄く代わります
基本的に、男性は絵文字も顔文字も嫌いではありません
感情表現をそれらで代用することは、マイナスには働きません
しかし、ラインのスタンプは注意が必要です
何度も送ると、スタンプの度に携帯が鳴るので鬱陶しく感じられます
それにしてもスタンプにも色々な種類がありますね
ラインスタンプ